肝機能障害の改善は生活習慣の改善で

病院やクリニックで健康診断や人間ドッグを受けて初めて肝機能の低下に気づく人は多いです。それもそのはず、肝臓は沈黙の臓器といわれていて自覚症状がないことがよくあるからです。検査して数字を出してみないとわかりにくいということです。

肝機能障害とは肝臓が何らかの異常によって障害を受けることにより、正常に機能しなくなることをいいます。肝臓が正常であるかどうかの数値はGPT、GOT、γ-GTPなどで表されます。

肝機能障害を放置しておいて進行してしまうと全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状が現れます。そのままひどくなると肝炎、肝硬変、肝臓がんなどに進行する恐れがあります。

肝臓は有害なものを無毒化したり、代謝酵素を作り出したりと多くの役割をもっているので病気になってしまうと、かなり制限された生活を送ることになります。もちろんアルコールは飲めなくなるでしょう。

血液検査は肝機能の他にもわかることがたくさんあります。例えばHBs抗体はB型肝炎にかかっているかどうかがわかる項目です。

肝機能の数値を正常にするの生活習慣の改善で可能です。生活習慣の改善は始めは精神的に辛いこともありますが慣れてくれば平気になってきます。病気が進行してからの生活はとても苦しいです。肝臓にいいサプリを飲んだり軽い運動を毎日したりと、習慣を変えるほうがよっぽどラクです。

 

血圧が気になる際には食べすぎなどに要注意

現代は多くの中高年が血圧が微妙な状態になっています。普段と比べると、血圧がやや高めになってしまうという話は、本当に多いです。

そういう時は、一部の成分を補給する事で、状態が変わってくる場合があります。例えばタウリンや海乳などです。それが新陳代謝や血液にポジティブに働きかける事により、血圧が好転される場合があります。

人によっては、それでサプリなどを検討しているのです。ただし血圧を改善させる為の製品を服用する際には、量に関する注意点があります。いわゆる過剰服用などは、やはり避けるべきでしょう。

むやみにそれを服用してしまいますと、却ってネガティブな影響が懸念されるからです。それと、普段からの食生活に左右される一面もあります。

血圧に関する問題点は、食べ過ぎに起因している事も多いです。あまり食べ過ぎてしまいますと、血液内にアテロームが蓄積され、血圧が高まってしまう場合があります。ですから血圧が気になる時は、食事量のコントロールも大切です。